日本の自動車産業の未来について

車 マーケティング
MARK-10 マーケティング SNS
自動車ディーラー・自動車工場・自動車販売店・自動車整備士「 自動車専門 SNSマーケティング 」運用サポート

 

本記事では、日本の自動車業界の未来についてまとめていきます。

1.自動車の生産台数と販売台数の減少
(1)少子高齢化問題
(2)若者の車離れ
2.CASEの観点から見た自動車業界の未来予測
(1)Connected
(2)Autonomous
(3)Shared
(4)Electric

3. シェアリングエコノミーの台頭(1)車を持つ時代からシェアする時代に
4.今自動車業界は何をしたらいい?
(1)SNSを通じて車と発信を行う
(2)マーケティングに力を入れている自動車の会社は少ない

1.自動車の生産台数と販売台数の減少
(1)少子高齢化問題

日本では少子高齢化問題を抱えており、2070年には総人口が9,000万人を割り込み、高齢化率はどんどん増えていくと予想されている。

(出典) 2024年までも人口は総務省「国勢調査」

少子高齢化問題に伴い、年金制度や終身雇用制度の破綻、人手不足、保険料の増加、経済成長の低迷など様々な問題を抱えている。

少子高齢化問題に連動して、自動車の販売台数を現状していくのは容易に想定される。

その為、自動車業界では過去に積み上げてきた成功体験などを一度白紙にして、この激動の時代を乗り越えられなければ、会社の存続危機に陥るという危機感を持つことが重要である。

(2)若者の車離れ

YouTube、ゲームなどの娯楽がある影響で土日に外出する若者が減少している。

(出典) 調査結果発表:第1回 「休日の過ごし方実態調査 新時代の変化」調査(リスモン調べ)

また、カーシェアリングなど便利なサービスが出てきている中で維持費や購入時にお金がかかる自動車を買う人が少なくなってきている。その為、若者に自動車を購入するメリットを伝えることが今後の自動車業界の運命を左右する。

2.CASEの観点から見た自動車業界の未来予測

自動車業界における「CASE」という用語は、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(共有)、Electric(電動)の4つのトレンドを指す。これらのトレンドは、自動車産業が急速に変化し、新しい技術とビジネスモデルを採用する方向性を示しています。

その為、これまでのガソリン車を開発し販売まで行って入れば会社が儲かるという時代は終わっている。

それではCASE についてまとめていく。
(1)Connected

車両がインターネットに接続され、データの送受信やリアルタイムの情報共有が可能になります。これにより、車両の遠隔監視、ナビゲーション、エンターテイメント、セキュリティなどの機能が向上する。

(2)Autonomous

自動運転技術の発展により、車両が自律的に運転できるようになります。これにより、交通事故の削減、交通効率の向上、運転者の負担軽減などの利点がもたらされます。
(3)Shared

車両共有サービスやライドシェアリングなどのビジネスモデルが普及し、車両の所有よりも利用が重視されるようになります。これにより、交通渋滞や駐車スペースの問題が緩和されます。
(4)Electric

電動車両の普及が進み、環境への負荷が低減されます。また、電動化により、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの活用が促進されます。

3.日本の自動車業界の現状について

上記で説明したCASEについて日本の自動車業界はかなり厳しい状況に置かれている。理由はトヨタ自動車などがこれまで積み上げてきたガソリン車の仕組み作りが全て解体されるからである。電気自動車や自動運転が普及すれば、相対的にガソリン車の需要は減少していく。その為に自動車業界全体が生きるか死ぬかの覚悟で戦略を練っていく必要がある。

4.自動車業界は何すれば良いのか

今後継続的に利益を上げていくには
(1)SNSを通じて車と発信を行う
(2)マーケティングに力を入れている自動車の会社は少ない

つまりSNSなどのデジタルマーケティングに力を入れていくかどうかで今後の自動車業界の会社が生き残るかが決定する。

 

MARK-10 マーケティング SNS
自動車ディーラー・自動車工場・自動車販売店・自動車整備士「 自動車専門 SNSマーケティング 」運用サポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました