フローティング ブレーキディスク!

車 知識ブログ

 

フローティングブレーキディスクは、

車両のブレーキシステムに使用される特殊なタイプのブレーキディスクです。

通常のブレーキディスクとは異なり、

ディスクと取り付けハブとの間に特別な構造があります。

 

フローティングブレーキディスクは、

ディスクとハブの間にラバーまたはスプリングなどの

弾性素材で作られたクッションが配置されています。

このクッションによってディスクがハブから独立して動くことができます。

つまり、ディスクが一定の自由度で動くことができるため、

「フローティング(浮動)」ブレーキディスクと呼ばれています。

この構造により、フローティングブレーキディスクはいくつかの利点を持っています。

 

熱への耐性

ブレーキ操作によって発生する熱によって、

通常のブレーキディスクは伸縮します。

しかし、フローティングブレーキディスクのクッションが伸縮を吸収するため、

ディスクがより熱に耐性を持ちます。

これにより、ディスクの歪みや割れのリスクが低下し、ブレーキパフォーマンスが安定します。

 

摩耗の均等化

フローティングディスクの動きによって、ディスクとブレーキパッドの接触面積が均等になります。

これにより、ブレーキパッドの摩耗が均一化され、ブレーキ性能が一貫して維持されます。

また、ブレーキパッドの効果的なクリーニングも促進されます。

 

振動の吸収

ブレーキ操作時に発生する振動やノイズを吸収する効果があります。

ディスクとハブの間のクッションが振動を緩和し、スムーズなブレーキングを実現します。

 

 

フローティングブレーキディスクは、

一般的に高性能車や競技車両などの要求の厳しい状況で使用されます。

しかし、一部の一般的な乗用車でもオプションとして利用可能な場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました