オルタ発電の原理!

車 知識ブログ


今回はオルタネーター

自動車の発電についてお話しさせていただきます!

 

オルタネーターは

エンジンの回転運動を利用しており、

電力を発生させます。

 

オルタネーターは、

バッテリーの充電以外にも

様々な電気装置を

駆動するためにも利用されます。

 

オルタネーターは

エンジンを始動した際に動き出し、

電力を発生させます。

車両の電気系統を維持するために

必要不可欠な装置の一つであり、

故障すると車両の動作に影響を与えることがあります。

 

オルタネーターは、

エンジンの回転運動によって発生した

交流電力を整流して直流電力に変換し

バッテリーを充電します。

 

オルタネーターは、

エンジンの回転運動を利用しているため

車両のエンジンが稼働している間は、

車両のバッテリーの充電状態を維持しつつ、

電力を消費する装置に電力を供給することができます。

 

詳しくお話しすると、

オルタネーターは、ブラシレスタイプの

三相交流発電機として設計されており。

ローターとステーターの2つの主要な部分から構成され

ローターは、エンジンの回転運動によって

回転し、その回転運動によって

磁束が発生します。

 

一方、ステーターは、

ローターの磁束と同期しながら回転し、

交流電力を発生させます。

コイルの中心にある電磁石が回転して

電力を生み出すという仕組みになっています

 

オルタネーターは、

高速で回転する部品であり、

摩耗や熱による劣化が生じることがあります。

そのため、定期的な点検やメンテナンスが必要です。

また、オルタネーターが故障した場合には、

車両の電気システムに不具合が出ます。

 

オルタネーターは、

クランクシャフトプーリーと

補機駆動ベルトで繋がっており

クランクプーリーよりも

オルタネータープ ーリーのほうが小径になっています。

エンジン回転よりも約2倍に増速されており、

低回転域では発電量に乏しく、

回転を上げていくと急激に発電能力が上昇します。

また、オルタネーター自身も発熱し、

高温下では発電能力が低下する。

という性質もあるため、

 

近年の、電気装置の多い自動車などには

発電量の多いオルタネーターを使用する事が多くなりました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました