エキゾースト システム!

車 知識ブログ

 

 

自動車のマフラーは、

エンジンから排気ガスを排出するための装置です。

 

主な目的は、排気騒音を軽減し、

エンジンから排出される有害なガスの一部を減少させることです。

マフラーは通常、排気ガスを吸収・消音するために

内部に複数のチャンバーや反射板、消音材が配置されています。

 

マフラーはエキゾーストシステムの一部であり、

エンジンの排気ガスが

エキゾーストマニホールドから出てきて、

エキゾーストパイプを経由してマフラーに流れ込みます。

 

マフラー内部の構造によって排気ガスの流れが制御され、

騒音を低減しながら効率的に排気ガスを処理します。

 

また、一部のマフラーには

触媒(キャタライザー)が内蔵されており、

排出される有害なガス成分を減少させる役割も果たしています。

触媒は排気ガス中の一酸化炭素や窒素酸化物を

化学反応によって無害な成分に変換する働きを持っています。

 

さらに、パフォーマンス志向の車両では、

スポーツマフラーと呼ばれる

特殊なマフラーが使用されることもあります。

 

スポーツマフラーは、

排気ガスの流れを最適化し、

エンジンの出力向上やスポーティな音を演出することを目的としています。

 

自動車のマフラーを交換、改造する場合は

地域の法律や規制に従う必要があります。

 

一部の地域では騒音規制が厳しく、

改造マフラーの使用が制限されている場合があります。

マフラーの改造や交換を検討する場合は、

法律や規制について確認し、

適切な改造を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました